ナースの職場といえば

ナースの職場といえばホスピタルという位置づけがだれもが思うことでしょう。

しかし、ナースの資格を有効にさせる職場は、ホスピタル以外にも色々とあります。

保健所で保健師と意思疎通を充分にして地域住民の健康上の様々なケアをするのもナースのシゴトです。また、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、だいたいの医療行為を看護師がおこないます。看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度催されます。

看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには良い事に、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後と非常に高いレベルを持ちつづけています。看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な国家試験です。

全国において、看護師の年収は平均437万円程度です。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務のため、年収は平均593万円ほどになるのです。公務員看護師は給料UP率も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。

日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としてのシゴトのため、年収を平均してみると593万円ほどになります。公務員看護師は給料の上がる率も民間病院と比較して高く、福利厚生もしっかりしています。準看護師だと、看護師と比較すると平均年収が約70万円低いです。

看護士になりたい動機は実際、どんなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを交えれば良い印象になります。
転職の時のワケはこれまでに培った経験を有効活用したいもっと誰かの役にたつスキルを身につけたいなど、前向きな印象を人にもたせられるようにすることが大切です。

かつての職場への批判などは言わないようにしてちょーだい。看護師の場合、勤務の形態が他の職業にくらべて結構特殊な上に、職場によっても異なってきます。シゴト場においては一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。

しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方が人気が高いです。
高齢化社会が進み、福祉施設における看護師の需要は増加する一方です。ましてや大きな企業になると看護師さんを雇用していて、健康やメンタル面のケアをやっています。
このような事象では、その会社の一員になる可能性もあるかも知れないでしょう。

ナースがうまく転職するには、この先のことを考えて早めに行動することが重要です。

また、何に重きを置いて考えるのかを考えておいた方がいいでしょう。
今後どうなりたいかを明らかにして、その計画に合った転職先の情報をちょっとずつ蒐集してちょーだい。
収入、職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も心づもりをしておきましょう。